TOP > 全国のアイリスト求人情報 > アイリスト 志望動機

アイリスト 志望動機

アイリスト 志望動機 サロンナビのアイリスト求人コンサルタントでは、日々アイリスト経験者様・未経験者様から要望を頂き、それぞれに合ったサロンをご紹介しております。
◆アイリスト求人コンサルタント◆

それぞれに合ったサロンをピックアップし、気に入ったサロンがあれば面接や見学へと進む流れとなります。

そこで、面接に進む際にはもちろん履歴書の持参が必要です。
サロンによっては、職務経歴書を求められるケースもありますが稀です。(新卒を除いて)

履歴書を書く際に、多くの方が悩まれるのが「志望動機」の欄となります。
どのように書けばよいのか、どのような事を書けばよいのか、ご相談を頂く事も多くございます。

本コラムでは、履歴書に記載する志望動機についてまとめてみました。

☆★アイリストを目指す志望動機

アイリストを目指す志望動機 アイリスト応募の際に、未経験者の場合は志望動機は大きく分けて2種類ございます。

1つ目は、なぜアイリストを目指したかという志望動機
2つ目は、何故そのサロンい応募したのかという志望動機

です。

経験者の場合は2つ目の志望動機だけでほとんど問題ありません。
未経験の場合は、両方の動機を書く事が推奨となります。

まず、「アイリストを目指す志望動機」の方からまとめさせて頂きますが、新卒の方と転職希望の方でもまたアイリスト志望動機は変わってきます。

新卒の方の場合に多いのは、
・授業で習った時に感動した。
・実際に施術をしてみて自分に向いていると思った。
・多くの人をマツエク技術で綺麗にしたいと思った。

といった辺りの志望動機となります。

新卒の方以外の場合で、美容室やブライダル、エステなどの他業界からの転職の場合は
・前職が合わなかった(待遇・勤務スタイル・給与・手荒れ・人間関係…)
・他の美容業に携わって、マツエクの良さを感じた。
・アシスタントではなく、責任を持ってマンツーマンで施術がしたいと思った。
・待遇が良い、給与が高い

等々といった志望動機が多くあります。

「待遇が良い、給与が高い」といった志望動機は、それ単体では誤認されやすいため、あくまで頑張れば「待遇が良い、給与が高い」という点を踏まえることが前提となります。

前職が合わなかったなどといった点も、自分に合う環境で新たにスタートしたいといった感じでまとめるのが推奨です。
実際にアイリストになる方は、美容師・アシスタント・ブライダル・ヘアメイク・エステ・ヘアエクステ…など多岐にわたります。

新卒の方以外で美容業ではないお仕事をされていた方のアイリスト応募もたくさんあります。
一旦美容業を離れていた方の応募です。
その場合は、
・美容師免許を活用したかった。
・美容を離れてまた美容に関わりたいと思った。
・手に職を付けたいと思った。
・実際にマツエクが好きで通っている内に、アイリストに興味を持った。

といった志望動機などがあります。

ただ一番多いケース「美容師免許を活用したかった」という志望動機ですが、履歴書に書く志望動機のメインにはしない方が良いかもしれません。
ただ単に「美容師免許を活用したかった」とういだけで応募をすると、あまり印象が良くないケースもあります。
それにプラスして他に何か「アイリストになりたかった理由」を記載するのがオススメとなります。

☆★サロンへの志望動機

サロンへの志望動機 大きく分けて2つ目の志望動機は、「サロンへの志望動機」です。
なぜそのサロンを応募したのかという点となります。

経験者の場合は、特にこの部分は大きなポイントとなります。

まず経験者ならではの志望動機は、今いる(以前の)サロンとの比較です。
以前のサロンはこうだったけど、応募するサロンはこのような点が良いといった部分です。

但し、前サロンを悪く言い過ぎたり・否定しすぎるのは非常に印象が悪くなります。
前サロンを否定するのではなく、今のサロンで働いてみて、「次はこういったサロンで働きたいと思った」という感じで志望動機を書くのがおすすめです。

経験者で具体的に多い志望動機は以下のようなものがありますが、履歴書に書いても良い内容と書かない方が良い内容もあります。
・頑張りが給与に反映される
・予約の詰込が無いサロン、一人あたりの施術時間にゆとりのあるサロン
・確かな技術を提供するサロン
・技術をしっかり学べていないから、改めてしっかりと学びたい
・最新技術を積極的に学びたい(ボリュームラッシュなど…)

といった内容です。

以下「サロンナビのアイリスト求人コンサルタントへの要望一覧」にて経験者・未経験者問わずに多い志望動機も記載していますので、ぜひご参照ください。
◆アイリスト求人コンサルタントへの要望一覧◆

実際の志望動機と、履歴書に書ける志望動機は必ずしも同じではありません。

経験者・未経験者共に、履歴書に書けそうな志望動機は
・福利厚生がしっかりしている
・有給やお休みがしっかりとれる、休憩がしっかりとれる環境
・スタッフの事を凄く考えている雰囲気
・実働時間など法令遵守の点
・お洒落なサロン、店舗が広い、素敵なサロン
・技術力が高い、研修システムがしっかりしている

といった辺りとなります。

上記の点はただ単に書き並べるのではなく、例えば実際に見学して…、実際に来店して…、こう思ったとまとめると尚良いです。

見学も来店もされずに応募される方の方が多いため、そのような形でまとめられない方も多くいらっしゃいます。
その場合は、サロンの情報や求人の情報、あるいはSNSなど、「色々とネットで調べてそう思いました。」といった形でまとめるのがおすすめです。

本気で入りたいと思ったサロンがあれば、出来るだけそのサロンの事を調べて、どれほど自分が良いと思ったかという点を、しっかりとサロンさんに伝えて志望動機とするのがおすすめであります。

基本的にサロンへの志望動機については、どのように書かなくてはいけないというルールはありませんので、出来るだけご自身の言葉で思った事・感じたことを書くのが良いです。
まだ入社していない段階で実際に分からない点も多いと思いますし、不安や心配もある場合も多くありますので、その場合は大体で感じたことを書くのがおすすめです。

真剣にサロン探しをされている方は是非以下のサロンナビのアイリスト求人コンサルタントもご利用くださいませ。
◆アイリスト求人コンサルタント◆

☆アイリストコラム一覧

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2018 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!