TOP > ビューティコラム > スクールってどんなとこ? > コースやカリキュラムの種類について

コースやカリキュラムの種類について

アイリストになるためにスクールに通うことは、とても効率的だと言われています。
基礎から学んで頂けますし、技術だけではない座学も習得できるのも特徴です。

マツエク施術未経験のアイリストさんも施術経験のあるアイリストさんにとっても、スクールで学ぶことはやはり意義のあるものであります。

実際にマツエクのスクールでは、どのような種類のコースやカリキュラムが用意されているのでしょうか。
一般的なマツエクスクールのカリキュラムについてまとめました。

◆どんなコースがあるの?

どんなコースがあるの?

コースはマツエクスクールによって異なりますが、一般的には、基礎を学べる1日完結のコースや、まつげエクステの基礎を学べるコース、さらに上のプロとして通用するための技術や知識を習得できるコースなどで分類が可能です。

内容が高度になればなるほど、全てを受講するのに必要な時間も多く費用も高くなりますが、ワンランク上のアイリストを目指すことにも比例します。

この他には、まつげエクステに関する協会の認定試験の通過を目指すコースや、独立開業に必要な知識まで学べるコース、教える側としてのインストラクターや講師を目指すためのコースなどもあります。

最近ではパーツ毎の講習も人気です。
具体的には、上まつげの施術はできるけど下まつげの施術はできないといったアイリストさんが、新たに下まつげの技術を習得するためだけの講習などです。

パーツ毎の講習はその他にも、スピードアップに重点を置いた講習・よりデザイン力を高める講習・新技術の講習といったものがあげられます。

特に最近では新技術として「ボリュームラッシュ」が人気となっておりますが、このような新技術は、これまでのマツエク技術の延長にありながらも訓練や講習を要するレベルの高い技術となるため、経験者においても率先して学んでいく必要があるスクールコースとなります。
★ボリュームラッシュ特集はこちら

2017年は、アップワードラッシュの講習が人気を予想されています。
既にカリキュラムの講習予約がとりづらい状況となっており、トレンドを先取りたいサロン様が、急いでおられるのが現状です。
★アップワードラッシュ特集はこちら

◆どんなカリキュラムがあるの?

どんなカリキュラムがあるの?

まつげエクステの施術を安全に行うためには、様々な知識が必要となります。
マツエクの事、商材の事、施術方法の事、更にはトラブル対処やアレルギーの事。
他には、目の知識・まつげの知識と知識が多ければ多いほどより良いアイリストとして成長して頂けます。

そのため、カリキュラムには、まつげエクステの装着の仕方の他に、こうした知識を習得するためのカリキュラムも用意されています。
一般的には座学と言われます。
施術ではなく、座って学ぶカリキュラムです。

例えば、目の構造や病気、まつげについて、施術を行う際に使用するまつげエクステやグルーについてなどです。

ただマツエクを付けることができれば、アイリストになれるというわけではありません。
ある程度の施術ができてアイリストとして一人前になれたとしても、根本の知識を知らないと技術の幅は広がらず、またトラブルやクレームへの対処ができません。

しっかりとした基礎知識を身に付けた上で施術の訓練や練習をするのが、最もよい一流アイリストへの道筋となります。

また施術の仕方のカリキュラムでは、ワゴンのセッティング方法から、前処理の仕方、まつげエクステのデザインまで学ぶことができます。
また、この他にも、アイリストとして活躍するために必要な、カウンセリングや接客マナーなども、カリキュラムに組み込まれていることもあります。

まつげエクステのスクールでは、スクールごとに様々な種類のコースやカリキュラムが用意されています。

アイリストとして活躍するためには、たくさんの知識や技術が必要となります。
スクールでは、このようにたくさんのことを、効率よく学ぶことができます。

近年は、スクールで学ばずに未経験でサロンに就業しマツエクのカリキュラムを受講するケースが一般的ですが、マツエクスクールの需要もまだまだ多くなっていますので、ぜひスクールについての情報もご覧ください。
★マツエクのスクール検索はこちら

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!