TOP > ビューティコラム > スクールってどんなとこ? > アイリストさんの就職率について

アイリストさんの就職率について

人気の職業アイリストさんについてですが、現在のアイリストさんは元々アイリストを目指して美容学校に通って卒業をされた方と、美容師になるために美容学校へ行き卒業後にアイリストさんへと転職された方といらっしゃいます。

これからアイリストになろうと、転職を考えていたり、美容学校へ通おうと思う際に気になるのはやはり就職率と給与でしょう。

美容師免許を活用して出来るお仕事としては、アイリストさんはダントツに破格の給与と待遇と言われています。
現段階では、美容師免許を使用した他の職種よりも、非常に良い待遇で、且つ早くに給与も得られやすい職業です。

ただアイリストになろうと、一生懸命に学んで卒業したけれど、就職先が見つからないというのでは、がっかりしてしまいます。

スクールを受講することでかかる費用も、安鋳物ではありません。
スクールや美容学校の卒業後の就職率は、どのようになっているのでしょうか。

◆卒業後の進路

就職率について

マツエク流行当時は、アイリスト専門スクールを卒業すると独立するかそのスクールが運営しているサロンで働くかのいずれかでした。

また、美容学校の新卒者の方は多くが美容室へと就職となりますので、美容学校の新卒者のアイリストへの転向はそれほど多くはありませんでした。

現在は、以前に比べて新卒者のマツエクサロンへの就職は多くなっています。
また、専門スクールではなく未経験として技術習得をしながらサロンへ就職するケースもたくさんあります。

マツエク専門スクールは、サロン提携のスクールがほとんど100%となりますので、技術・接客の適性がある場合は、提携のサロンに就職したり、一定期間働いた後で開業したりするという方法が取れることもあります。

現在はマツエクスクールの利用者は、数年前に比べると激減しています。
ほとんどが未経験のまま、サロンに就業して技術や知識を学び、そのままサロンにて就業するという形が一般的であります。

◆就職率は非常に高い水準

気になる就職率ですが、非常に高い水準です。

日本全体で失業率も大幅に低下し、求人倍率も最適水準で推移している現在、美容業界もまた同様に就職先に困るという事はほとんどない状況となっています。

もちろん、接客・技術を一定のレベルに達する必要はありますが、以前に比べてこの水準としてのボーダーラインは低下している傾向にあります。
理由はやはりアイリストさんの人材不足です。

ネイリスト・エステティシャンと様々な美容の業種で人材不足は深刻化しておりますが、アイリストさんや美容師さんの場合は資格を要するため、より人材不足が表面化しています。

面接や適性テストの通過率も以前よりも高めの水準となっていますので、じっくりサロンを探しながら自分に合った就職先を決めることができるでしょう。

独立開業や、サロンや美容室への就職など、スクール卒業後の道はそれぞれですが、目指す道に合わせて、卒業後のサポートにも力を入れていて、100%に近い就職率を誇っているスクールも多くあります。

スクール卒業後の就職を心配される方は、卒業後のサポートがしっかりしていて、就職率の高いスクールを選ぶと安心でしょう。

中には、卒業後でも就職情報を利用できるスクールもあります。

新卒の方は特にじっくりと選ばれる傾向が多いようです。
美容室からの転職者の就職は、もちろん同様にじっくりご覧になられますが、美容室からの転職の場合、未経験であっても給与は高めスタートというサロンも沢山あります。

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!