TOP > ビューティコラム > 長持ちさせるテクニック > 普段の生活で気をつけること

普段の生活で気をつけること

まつげエクステは、だいたい3週間から1ヶ月くらいで、次第に取れていってしまうものです。
1か月以上も持てばかなりお得です。

まつげの毛周期もあるのである程度は仕方のないことですが、せっかく時間と費用をかけてつけたものですから、少しでも長持ちさせたいものです。

普段の生活で、何点か気をつけることでより長く楽しむこともできます。
長持ちエクステを実現するためのいくつかのポイントを紹介します。

◆触れない

装着後のまつげエクステにできる限り触れないことは、とても大切です。
普段の生活で気にする点として、最も基本的な部分となります。

マツエクはグルーと呼ばれる専用の接着剤で装着していますので、目をこすったり、まつげをいじったりすると、まつげエクステは取れやすくなってしまいます。

できるだけ、まつげエクステに触れないことが、長持ちさせる秘訣です。
意外と知られていませんが、サングラスやメガネなども気をつけましょう。
頻繁に触れる事で、少しづつグルーの接着部分がはがれてしまいます。

それから、寝る時もできるだけ仰向けに寝るようにした方が言われています。
横向きやうつぶせだと、布団にまつげエクステが触れてしまうことがあります。
面倒ではありますが、長持ちの秘訣として、できる限り寝る体制についても考えることが必要です。

長くマツエクを利用する事で、触れないという点は段々と慣れてくるものではあります。

◆洗顔やクレンジングはノンオイルで

洗顔やクレンジングはノンオイルで

洗顔やクレンジングを行う際には、ノンオイルのものを使用します。
まつげエクステをつけている時には、オイルの入っているものは厳禁です。
取れやすくしてしまいます。
※サロンによっては可能な場合もあります。

目の周りは、まつげエクステに負担がかからないように、特に優しく行いましょう。
クレンジングの際には、綿棒を使うと、より負担をかけずに落とすことができます。

サロンによっては、オイルクレンジングOKのグルーを使用している場合も多々ございます。
まずは通っているまつげエクステサロンのアイリストさんに聞いてみましょう!

◆しっかり乾かす

入浴や洗顔の後には、まつげエクステを、ドライヤーを使ってしっかりと乾かしましょう。
タオルで優しく水分を拭き取った後に、冷風で根元から乾かすようにすると良いです。

まつげ用の美容液

このように、他にもいくつか気をつけることはありますが、上記のような方法を心がけるだけで少しでも長持ちさせることができます。
オイルを使わないことと、触らないことが重要なポイントです。

最近では、まつげ美容液が多く発売され、機能性もとても充実しています。

まつげ用の美容液を毎日つけることでも、より長持ちさせることができます。
それ程面倒なことはないので、ぜひ、試して長持ちさせましょう。

マツエクは、装着の経験を重ねることでコツやテクニックがわかってきます。
日常生活で何をすると取れやすいのか、何をすると長持ちするのか?など、アイリストさんに聞くのももちろん大切ですが、回数を重ねることで少しづつ理解し実践するのが一番の方法かもしれません。

それでもどうしても取れやすいと感じる方は、直接担当のアイリストさんにご相談するのがおすすめです。

アイリストさんの技術次第でもモチの期間は変わりますが、グルーの種類によっても全然異なります。

モチ重視のタイプのグルーもあります。
サロンには数種類のグルーを用意しているケースがほとんどですので気になる方は質問してみましょう。

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!