TOPページ > Q&A > まつげエクステの豆知識 > まつげエクステの本数
まつげエクステの本数

まつげエクステ(マツエク)の本数について

まつげエクステの本数 「まつげエクステの本数は何本が最も人気がありますか?」
マツエク初心者の方〜上級者までよくある質問です。

一般的には、80本〜120本が最も多く注文があり人気の高い本数となります。

1〜40本は、リペアやつけた足しなどで使われることが多いです。
60本メニューも同様にリペアやつけ足しに多く、初心者の方はまずは60本でスタートする事も多くあります。

ただ、まつげエクステの本数というのは、
つけられる方の自まつげの状態によって大きく変わってきます。
どなたでも同じ本数を付けられるという事ではございません。

たとえば自まつげが少ない方は、実際に100本も付けられないことが多々ございます。
逆に自まつげが多い方は、100本じゃ物足りない・・・といったこともございます。

シングルタイプのマツエクの場合は、元々生えているまつげに対して1本づつ装着をしますので、自まつげの本数が最も多く付けられる本数の限界となります。

加えて、本数は日常のシーンによっても様々です。
例えば、パーティや結婚式など華やかな場所へ行くときにはやはり多めでゴージャス感があった方がとても綺麗で魅力的です。
逆に、職場の事情であまり派手ではよくない、あるいはごく自然でナチュラル志向の方には少ない本数の方がよいケースもございます。

ただ、まつげエクステは、太さや長さにカールの種類も様々です。
本数だけに執着しなくても上記の種類をうまく使うことで、ご希望のデザインに近づけることも可能です。

本数の表記について

本数の表記について 特に初心者の方に特に注意してほしいのが、まつげエクステの本数の表記についてです。

メニューに掲載されているマツエクの本数は、ほとんどが両目合計の本数表記です。
ごくまれに違うこともあるかもしれませんが、99%は両目合計の本数表記で表示されています。

例えば、
◆100本→¥4,980のクーポンがあった場合は、
片目50本づつの、両目100本です。
間違いの無いよう気を付けてください。

サロンさんによっては、「上下振り分け自由」と書かれていることもあります。
これは、「上まつげと下まつげで振り分けが自由です。」ということです。

実際の例を挙げてみると
◆120本→¥6,300(上下振り分け自由)
のクーポンがあった場合、
・上まつげは100本、下まつげは20本
・上まつげは90本、下まつげは30本
といった具合に振り分けができるということです。

サロンさんによっても条件は様々になっていますので
本数のみならず、気になることがあれば積極的にアイリストさんに質問しましょう♪

人気のつけ放題の場合は、サロンによっても表記はバラバラです。
・60分でつけ放題
・60本までつけ放題
・60分つけ放題、100本保証…
とつけ放題でも、それぞれのサロンで表記が異なることが多々あります。

必ずしも多い本数は必要ないという方は、つけ放題にこだわらずに本数メニューを利用されるのもお勧めです

◆まつげエクステ@サロンナビ TOPページはこちらから!

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!