TOPページ > Q&A > まつげエクステの豆知識 > まつげエクステのはじまり
まつげエクステのはじまり

まつげエクステのはじまりについて

目元をぱっちり、可愛く、美しくしたいというのは、女性共通の願望。
そんな女性の願いを叶えるために、つけまつげから始まり、
今では様々なまつげエクステが流行しています。

サロンでやったり、セルフでつけたり、方法もいろいろ。
でも、まつげエクステのはじまりって、いったいどんなだったのでしょう?
意外と知らない方が多い「まつげエクステの発祥」についてレポートいたします!

そもそもまつげエクステって?

そもそもまつげエクステって? まつげエクステンションは、まつげの先に細い化学繊維をとりつけることによって、長く上向きのまつげを演出する美容アイテムです。

従来のつけまつげと違って、耐久性と持続性に優れた「発明」でした。

つけまつげと違って、シャンプーや洗顔も気にせずできる上、
メイクの際にビューラーも必要ないのでお手入れがとてもラク。

一本一本にとりつけるタイプから、一本に対して2.3本つけるフレアタイプなど、種類も様々です。

韓国発祥だった!日本進出のきっかけは韓流ブーム?

まつげエクステの発祥地「韓国」 実は、まつげエクステの発祥の地は、日本ではなく、韓国なのです。1990年代後半〜2000年代の初期の間に、つけまつげをきっかけに作られました。
<韓国のまつげエクステについてはこちら!>

初めは、フレアタイプのエクステしか存在しなかったため、自然な見栄えを演出するためには使われなかったようです。

また、当初は接着材の安全性が懸念されていて、日本で流行りだした2003〜2004年ごろでも、安全性に対する疑問視が深まっていました。

しかし、問題を一つ一つクリアしていくことで、
近年のような発展と華やかな注目が得られるまつげエクステになったと言われています!

マツエクの駆け出しの頃の値段はいくらくらい?

意外と知られていないのは、マツエクの駆け出しの頃の値段!
なんと1本200円位が相場でした!

今では考えられないような水準ですね。
100本のメニューだと軽く¥20,000は超える時代でした。

その後、全国に多くのマツエクサロンが誕生し、価格もリーズナブルとなり、現在は来店平均単価は¥5,000といわれています。当初の頃の水準に比べると1/4くらいの水準で、本当に通いやすくリーズナブルになりました。

価格が全てではありませんので、あくまで一つの水準値とはなりますが、マツエクの価格というのはサロンによっても異なりますし、地域によっても異なります。

一般的に、最も安いエリアは大阪といわれています。
また、地方のサロンはまだ価格水準も高く、変わったところでは、名古屋のマツエク単価は比較的高めとも言われています。

基本的には東京のマツエクサロンの単価が平均値にはなりやすいです。
100本、80本、あるいはつけ放題で¥5,000近辺が水準値となるのではないでしょうか?

また、モニターと呼ばれるマツエクのモデルさんを募集しているサロンでは、練習台として超破格の料金で施術をしたりもしています。
ご興味のある方は、以下の特集もぜひご覧くださいませ。
★マツエクのモニター特集 についてはこちら

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!