まつ育って何?

毎日のビューラー、マスカラ。根元にひかれるアイライナー。まつげエクステ、パーマ。
これらがもたらすまつげへの負担はあまり知られていませんでした。

気づいたらまつ毛がなんか薄い…?
目をこすっただけなのにたくさん抜け落ちてしまった!
そんな事態を防ぐため、離脱するために、「まつ育」が今大事だと注目されています。

マツエクにおいても、ただ単につけるだけではなく、まつげに優しく労わりながら、まつ育しながらマツエクを楽しむこともトレンドです。

実際まつげ業界でよく聞く「まつ育」とはどういう意味なのか、以下にてまとめています。

◆まつげ専用美容液

まつ育って何? そもそも「まつ育」が注目されたきっかけは、やはりマツエクの流行が最も大きな要因です。

いわゆるまつげ美容の需要の高まりを受け、付けるだけのまつげエクステ → いたわりながら・育てながらといったまつ育を兼ねた美容の流行が背景にあります。

今の時代、補われるべきは肌の潤いだけじゃありません。
毎日駆使されながらも目ヂカラに貢献している、まつげにも潤いが必要です!

いつもお疲れなまつ毛をいたわる方法は沢山ありますが、最も身近でリーズナブルで手っ取り早いのが「美容液でいたわるという方法」です。

まつげ美容液をつければ、まつ毛が濃く長くなる効果が期待され、コーティングする事でいたわりやダメージから守る効果があります。

使い方は、化粧水と同じように少しずつ毎日浸透させるだけ。
マスカラの要領で付けるだけなので、手順は本当に簡単です。

まるでエクステをつけた時にようなボリュームアップ効果が期待できたり、ハリとコシのあるまつげが戻ってくるのです。

まつげ美容液も様々な商品が出ています。
これまでにないような斬新で新しい製品も多く、用途や成分も多岐にわたっています。

今後もヒト幹細胞など、新しいまつげ美容液が生み出されていくと予想されています。

◆気になるその育毛効果!

まつ毛美容液は、「育毛剤」を兼ねています。
育毛というと頭皮のイメージしか浮かばない方も多いかもしれません。

まつげもやはりれっきとした「毛」です。
育毛できないわけがありません。

頭皮の育毛剤を研究し開発している大手の企業からも、まつげ美容液は多く販売されています。
やはりいわゆる「まつ育」の必要性を感じる部分であります。

まつげへの育毛について、実際に検証した結果では、個人差はあるもののしっかりと長さやボリュームに効果は表れています。

また、ボリュームアップだけでなく、健康なまつ毛になる成分も含まれているため、「ツヤ」がでてくることも嬉しい要素です。

痛んだまつげにツヤをだし丈夫にして、長くマツエクを楽しむことができる商品が多くあります。

◆様々なまつ育

医療用のものもあり、もちろん病院でしか購入できません まつ育の中には医療用のものもあり、その場合はもちろん病院でしか購入できません。
確証はできませんが、大きなまつ育の効果が期待できるでしょう。

自まつげをまつげ美容液でケアすることによって、健康的で美しいまつ毛が期待できそうですね。まつげを専門としている会社や、育毛を専門としている会社など、専門社の商品をぜひ試してみましょう!

同様に最近はサロンでのマツエク施術の際に、まつ育を特に意識して施術しているケースも多くあります。

まつ育は、必ずしもセルフで行う必要はありません。
特にマツエク専門店などは、まつげのプロフェッショナルの方が在籍していますので、育毛まつげエクステについては深く長く研究し実感しているケースも多くあります。
★育毛まつげエクステとは?

特許を取得した育毛まつげエクステのサロンもあります。

ご自身でまつげ美容液を買って、まつ育するのも手段でありますが、意識の高いサロンでは、まつ育しながら施術をしアフターケアをするケースも多々あります。

折角マツエクを楽しむのであれば、まつげに優しいサロンがベストです。
使用するグルーや商材も、まつ育という観点では大事でありますので、素材にこだわったサロンがオススメとなります。

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!