検定試験について

アイリストとしての技術や知識を認定するために、検定試験が実施されています。
必須ではありませんが、持っていると就職や開業の際に、有利になることもあります。

公的なものではございませんが、ネイルも同様で1級レベルになると相当な難易度となりますので、業界内では大きな武器となります。

まつげエクステの主な検定試験を紹介します。

◆アイリスト技能検定

アイリスト技能検定

アイリスト技能検定は、日本アイリスト協会(JEA)が実施している検定試験です。
マツエク業界では、最も有名な検定試験です。

検定は級数が設定されているため非常にわかりやすく、尚且つ難易度の高い検定試験です。

級数は3級〜1級まであり、3級では、アイリストとしての必要最低限の知識が求められます。
そして2級では、衛生やまつげの構造、まつげエクステのプロとしての技術や知識などが必要となります。

さらに最上級の1級では、トップレベルの知識や技術が要求されます。

日本アイリスト協会の1級のレベルは、非常に難易度が高い事で有名です。
早々簡単には達成する事ができません。

実際に各協会の検定試験の結果によって、就業の際に大きなアプローチになることは少ないのですが、JEAの2級以上の級数取得者は、「取得した」という事実だけでそれなりの評価を得られるのではないでしょうか?

特にJEA1級の保持者は、中々いらっしゃいません。
ほとんどが独立されている方となりますが、なんとなく頑張って取得できるレベルのものではありませんので、間違いなく高技術者であり、知識に熟知しているアイリストさんとなります。

スクールやサロンへの来店などは、JEA1級であれば一度試す価値はあるといっても過言ではないでしょう。

こちらのアイリスト技能検定には、審査員がもちろんいらっしゃいます。
ハイレベルな技術者を審査する側の方々となりますので、こちらもまた超高技術者であり、熟練のアイリストさんが多くいらっしゃいます。

それぞれの級数に応じて、応募の資格や条件も変わってまいります。
もちろん費用も掛かってきますので、詳細はホームページなどもご覧ください。

◆アイデザイナー技能検定

検定試験について

アイデザイナー技能検定は、日本まつげエクステンション協会(JLA)が実施している検定試験は有名な検定試験です。
試験は、4種類あります。

基本的な知識や技術が求められるジュニアデザイナー試験は、誰でも受験することができる試験です。

しかし、サロンワークとしての知識や技術が必要なアイデザイナーの受験にはジュニアデザイナーの資格が、トップレベルのアイリストとしての技能や知識が要求されるトップアイデザイナーの受験には、アイデザイナーの資格が必要となります。

この他には、公認講師の資格もあります。

ホームページには、アイデザイナーの正しい技術と知識の向上を目的とした実践に役立つ試験と記載されています。

この他にも、日本まつげ美容協会(JEBA)などでも検定試験を実施しています。
ほとんどの検定試験では、まつげエクステを安全に行うのに必要な知識や技術が求められるため、筆記試験と実技試験が行われます。

中には、どちらかの試験だけが不合格だった場合に、次回の試験で、合格点に達した方の試験が免除させることもあります。
また、実技試験の際には、まつげエクステを行うのに必要な道具や材料、モデルなどの準備が必要なこともあります。

受験申込する際に、しっかり確認しておきましょう。

◆検定試験の魅力

以上、代表的なマツエクの検定試験を取り上げてみましたが、アイリストさんにとってのマツエクの検定試験の魅力とは何でしょうか?

検定を受けられる方の目的は様々であります。
スキルアップ、技術向上など様々ではありますが、やはり意識の高い方による更なるアイリストとしての向上を目的とされているケースがほとんどであります。

マツエク施術は、目標が見つけづらいという事も言われており、もちろんお客様に喜んで頂けるのが目標ではありますが、賞や明確な大会や目標も少ない中で、検定試験というのはモチベーションの向上には非常に効果的なツールであります。

サロンによっては検定試験への挑戦を全面的にバックアップされているケースもあります。
日々目標やチェレンジを重ねることはとても大事な事でありますので、検定試験についてアイリストさんも考えてみるのもよいかもしれません。

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!