メンテナンスについて

まつげエクステは、一度つけたからと言って、半永久的に使用できるわけではありません。
長くても1〜2か月で1本もなくなってしまいます。

最近は以前に比べて商材の品質も向上しており、技術も日々進化しておりますのでモチもよくなっているといわれています。

ただマツエクは、自まつげに対してグルーと呼ばれる接着剤を使用して付けていくものでありますので、徐々に取れて行ってしまうものです。

また、まつげは髪の毛と同様に生えかわっていくため抜けて行きます。
まつげが抜ければ、もちろん、まつげエクステも一緒に取れてしまいます。

そのため、常にきれいなまつげでいるためには、定期的にサロンで、マツエクのメンテナンスを行う必要があります。
気になるマツエクのメンテナンスについてまとめています。

◆何をするの?

メンテナンスについて

メンテナンスでは主に、取れてしまった部分に、新しいまつげエクステをつけていきます。
いわゆるつけ足しやリペアという表現がよく使用されています。

最近は、メンテナンスの一環で他のサロンで付けた後でもつけ足しが可能なサロンも多くなりました。

以前のサロンで例えば100本付けて、半分くらい取れてしまった状態で別のお店で50本を付け足してもらうような形です。
この場合、初回価格で利用できることもあるためリーズナブルに利用する事が出来るのです。

また、取れかかっているところや、毛が乱れてしまっているところなど、取り替えた方が良いまつげエクステをはずして、新しいものをつけることもあります。

サロンでは、「リペア」という名前が付けられていることもあります。
リペアは通常は他店のものは対応していません。
基本的には、付けたお店でリペアするのが一般的です。

その他では、一度全てのまつげエクステを取り外して、全てを新しくつけ直すサロンもあります。
全オフしてから、マツエクを付ける形です。

どちらの場合でも、違う種類のまつげエクステをつけてみたい場合には、アイリストに相談すると、対応してもらえるでしょう。

近年は初回価格だけではなく、定期的に通いやすいリペアやメンテナンス価格、2回目以降の再来価格も重視されています。

長く綺麗な状態をリーズナブルに保つことのできるサロンがおすすめです。

◆どれくらいの周期で行うの?

メンテナンスといっても、エクステを全て付け替えてしまうわけではありません。
きれいなものはそのままに、崩れてきたエクステのみを外す、あるいは付け足して新しくつけていきます。

エクステの抜ける本数が気になったり、カールの角度が自分で気になるようになったら、メンテナンスを受けるタイミングと言えるでしょう。

まつげの生えかわりの周期の関係から、2週間ほどすると、取れてしまったのが気になるようになると言われています。
これは、個人差がありますが、2週間から1ヶ月程度を目安に、メンテナンスに通われている方が多いようです。
中には毎週通われているという方も一定数いらっしゃいます。

特に、このくらいの周期で行わなければいけないということはないのですが、ばらつきが気になるようになったら、サロンへ行くようにすれば良いでしょう。

頻繁にメンテナンスに通われる方は、スピーディーで丁寧な施術のできるサロンがおすすめです。

リペアだけなら、初めてまつげエクステをつけたときほど、費用も時間もかかりません。
基本的には、常時マツエクを綺麗な状態で保って頂くため、メンテナンスはリーズナブルで且つスピーディーに出来るようにメニュー設定をされています。

前回施術から期間が短いほど、価格も割引になるのが一般的です。
例えば、2週間以内は30%オフ、3週間以内は40%オフといった具合です。

ぜひ、メンテナンスもしっかり行って、常にきれいなまつげでいてください。
油分や水分、熱、摩擦などに気をつけることでも、まつげエクステは長持ちさせることができます。

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!