TOP > ビューティコラム > アフターケア・ホームケア > 日常生活で気をつけることとは?

日常生活で気をつけることとは?

まつげには毛周期というものがありますので、いずれはまつげもマツエクも抜けてしまいます。

ただ、マツエクですがせっかく付けたのですから、どうせなら少しでも長持ちさせたいものです。
日常生活において、何点かの注意点に気を受ける事で長持ちさせることは可能です。
マツエクを長持ちさせるために、日常生活の中で気を付けることは、どんな事が述べてみたいと思います。

◆目元を擦らない!

日常生活で気をつけることとは?

まず大事なのは目元のケアです。

目元をこすったり、まつげを触ったりすると、まつげが抜けやすくなってしまいます。
できる限り目元に触れないことが重要です。

マツエクに慣れていない内は、知らず知らずに目元を触ってしまう事が多いのですが、出来る限り触れないことが大切です。

特にタオルで拭くときには、タオルの繊維にひっかかってしまい、まつげエクステが取れてしまうことがあるので、擦らないで優しく抑えるようにして水分を拭き取るようにしましょう。

また、寝る時も、できるだけうつぶせ寝は避けましょう。
まつげが擦れて抜けやすくなってしまうだけでなく、まつげにクセがついてしまうこともあります。

やはりマツエクは、自まつげとマツエクをグルーという接着剤でつけているのみとなりますので、少しの衝撃やダメージで取れやすくなるものでありますので、扱いには十分に注意する事でモチをよくすることが可能になります。

◆オイル系のクレンジングを使用しない!

日常生活でオイル系のクレンジングを使用されている方は要注意です。
普段通りにそのクレンジングオイルで洗顔すると、マツエクがとても抜けやすくなります。

まつげエクステは油分に弱いので、洗顔やクレンジングには、オイルフリーのものを使用しましょう。
どのようなものを使ったら良いのか、わからない時には、アイリストに相談すると良いです。
中には、まつげエクステ用のクレンジングを置いているサロンもあります。

また、洗顔やクレンジングの際には、目元を擦らないように、優しく洗ってください。
アイメイクは、綿棒を使うと落としやすくなります。

日常生活の中でも、このようなことに気をつけていると、まつげエクステをより長持ちさせることができます。

また、入浴や洗顔などで、まつげを濡らした後には、ドライヤーの冷風で乾かすことでも、持ちを良くする効果があります。
ただし、熱風を当ててしまうと、反対に持ちを悪くしてしまったり、せっかくのカールを真っ直ぐにしてしまったりするので、気をつけましょう。

その他にも、長持ちテクニックとして日常生活における注意点は多々あります。
マツエクのモチは様々な要因が絡んでいることが多いのですが、意外と自身の管理の仕方で変わったという方も多くいらっしゃいます。

マツエク装着の回数を重ねることで、より長持ちさせるコツやテクニックをご自身で習得して頂けると思います。

初心者の方は、施術後にはしっかりとアイリストからアフターケアの方法を聞く事が大切です。
経験者の方も一度じっくりとアフターケアの説明について知るのもよいではないでしょうか。

カテゴリー

まつげエクステ@サロンナビでは、全国のまつげエクステ・まつげパーマ専門店やネイルサロンをご紹介!

運営会社概要利用規約
Copy right(c) 2007-2017 まつげエクステ@サロンナビ All Rights Reserved.
掲載店舗様募集中!